お祝いギフトを贈るときに重なるかどうかが気になります。それを避けるのであれば、カタログギフトにします。

お祝いにはカタログギフトが外れなし
お祝いにはカタログギフトが外れなし

お祝いギフトにおいてカタログギフトなら重ならない

会社において、お中元であったり、お歳暮にいろいろなものが贈られてくることがあります。会社宛ということもあれば、社長であったり部長など個人名宛で来ることもあります。これらに関しては、基本的に会社で管理をするようにしています。そして、それを社員全員で分けられるようにするということです。なぜこのようなことが可能かといいますと、贈られるものがほとんど同じだからです。90パーセントがビールの詰め合わせになっています。たまに日本酒であったり、ジュースが混じることもありますが、それも社内の飲み会などに使うことが出来るということです。会社であれば同じものが来てもよいですが、個人宅の場合うんざりすることもあるかもしれません。

同じものでも困らないということもあります。日常的に使うものでしたらいずれ買う必要が出てくることになります。その分が助かるということです。でも一つしか使わないのにいくつももらうというのは困るということです。もし贈ってくれた人が自宅に来たら、当然気になるということでしょう。使っていれば喜んでもらえますが、隅のほうにおいてあったりするとあまり良い気分ではないということになってしまいます。そのために、適度に出しておかなければならないということになります。もらったもので部屋がいっぱいになるということもあります。贈るほうからすると、もらうほうの気持ちも考えながら決めるようにしたほうが良いということになると思います。

お祝いギフトというときに気になるのが、贈ったものが重ならないかということです。他にも同じものを贈っている人がいるなら、困るのではないかということです。そういうことを考えていると、なかなか決まらないということがあります。そこでカタログギフトを利用するようにします。こちらであれば、自分で内容を決めることが出来ます。ですから重なることはありません。こちらが重なっても、別のものを注文すればよいということです。

ピックアップ

Copyright (C)2016お祝いにはカタログギフトが外れなし.All rights reserved.